menu

インコの飼育法-初心者の飼い方

いくらぐらい必要?インコにかかる費用

インコにかかる費用

ペットを飼うには、それなりの出費があることを念頭に置いておきましょう。

インコを迎える時も、初期費用、毎月のエサ代、その他維持費がかかります。

それぞれどれぐらいの費用が必要になるのか、あくまでも目安ですが、紹介したいと思います。
参考までに把握しておくとよいでしょう。

インコの値段

はじめてインコを飼う場合、インコそのものの購入代金のほか、ケージや止まり木などの設備費用、エサ代などがかかります。

まずインコの値段は、当然ながら、種類によってさまざま。
購入する店によってもかなりの差があります。

ポピュラなーなセキセイインコだと、ヒナなら2000円前後、生後2~3週間たったものなら3000円前後といった価格が目安です。

手のりのしつけがされている場合だとさらに高く、6000~9000円程度になります。
たまにかなり低価格のものがあったりしますが、体に異常があったり、年齢が高いインコの可能性もあります。

よく確認してから購入しましょう。

ほかに、オカメインコなら6000~2万円程度、ボタンインコなら1万円前後が目安です。
大型インコのヨウムなら値段はぐっと高くなり、20~30万円のものが多いようです。

ケージなどの設備に1~3万円

セキセイインコの場合、ケージなど最初にかかる設備費用はだいたい1~3万円くらい。

まずケージが3000~2万円、エサ入れや水入れ、菜ざしなどで1000~1500円くらい、最初にヒナや若鳥をつれてくるプラケースが500~2000円くらいです。

その他、必要に応じて、おもちゃ(500~2000円)やキャリー(1000~10000円)、ヒーター(1000~5000円)、巣箱(1000~3000円)などを用意します。

エサ代は月に2000~3000円見ておく

エサ代はメインで食べるシード飼料が月に数百円~1000円。
カトルボーンやボレー粉、グリット(砂)、おやつなどで1000円前後。

青菜類は、飼い主さんが食べるものから少し分けてあげるので十分でしょう。
エサ代は、毎月かかるものですが、2000円もあれば十分まかなえるでしょう

病気やけがの治療費は高額

一番出費がかさむのが、けがや病気のとき。

地域や病院によっても異なりますが、だいたい初診料として1000~1500円くらい必要です。

フンの検査が500~1500円、そ嚢液の検査が800~1500円、健康診断をするだけでも2000~3000円の出費は覚悟しましょう。

何か病気が見つかって、さらに細かい検査が必要になれば、追加の料金がかかります

注射を打てば、その分の料金も必要になります。
また、薬代がかかる場合は、さらに2000~3000円必要です。

深刻な病気で手術や入金が必要になると、かなり高額の料金を支払わなければならなくなります。

手術の内容にもよりますが、手術代は数万円から十万円、入院費は1日あたり2000~5000円かかるようです。


インコのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
インコ用品説明と紹介
インコの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top