menu

インコの飼育法-初心者の飼い方

オカメインコの飼育、準備やスキンシップのとり方は?

オカメインコの飼育

あの独特で愛らしい姿と、甘え上手な性格で、私達を魅了してやまない『オカメインコ』。

感情表現が豊かで、とっても穏やかなオカメちゃんは、初心者でも比較的安心して飼育できる中型のインコです。

そんなオカメちゃんを、お迎えするにはどんなものが必要なのでしょうか?
適切な食べ物は?どんなスキンシップが好き?
など、オカメインコの飼育に関する情報を、下記に紹介していきたいと思います。

高さのあるケージを用意

争いごとが嫌いでおとなしく、愛情表現も豊かと、とても飼いやすいオカメインコですが、体がやや大きいので、大きめのケージが必要になります。

尾羽も長いので、1羽の場合でも、底が45センチ四方以上で、高さが50センチ以上のケージを準備してあげましょう。

オカメパニックになったときなど、ケージの中をバタバタ飛び回るので、中で羽を広げてもぶつからない広さのものを選ぶとベターです。
同じ理由で、ケージに突起やくぼみがあると、羽を傷める危険性も出てきます。プレーンな四角い形がいいでしょう。

また、扉が前に大きく開くものを選びましょう。
オカメインコは臆病な性質なので、扉が狭いとなかなか出てこない場合もあります。

ケージの中には止まり木を2本は用意
かじって遊んだり、止まって食事や睡眠をとったりと、止まり木はオカメインコにとって重要な役割を果たします。

太さが15~18ミリで、足のサイズに合うものを見つけましょう。

シードを中心に、副食として青菜も

食事の回数は1日2回、できれば朝と夕方の決まった時間にあげるといいでしょう。

エサは、ヒエとアワ、キビ、カナリーシードの混合飼料を中心に。
中型インコ用のものなら、栄養バランスがよく、実績もあるエサなので安心です。

オカメインコは太りやすい性質なので、脂肪分が多くなりすぎないように心がけましょう。
ヒマワリやサフラワーの入っているタイプは注意が必要です。

オカメインコの健康を維持するにはビタミンAが必要ですが、実はシードにはほとんど含まれていません。
なので、副食として緑黄色野菜が重要

小松菜やチンゲンサイ、サラダ菜、ブロッコリー、パセリ、タアサイなどがおすすめです。
新鮮なものを毎日あげ、食べ残しは処分しましょう。

やさしくなでて、愛情交換を

オカメインコはスキンシップを喜びます。話しかけながら、やさしくなでてあげましょう。

頭や首筋、冠羽の下、耳のあたりをなでると、気持ちよさそうに目を細めます。

遊びも大好きです。特に飼い主さんと一緒に遊ぶことで、精神的な結びつきを強め、オカメインコを穏やかに落ち着かせます。

おもちゃで遊ぶのも得意です。とても器用に片足でものをつかむこともできる子も! 

注意点としては、新しいおもちゃを与えるとき。
いきなりケージに入れないで、ケージの近くに置くなどしておきます。

オカメインコがそのおもちゃに見慣れたらはじめて、ケージに入れましょう。

また、おもちゃは1~2個あれば十分
遊ばなくなったおもちゃはケージを狭くしてしまうだけで邪魔になります。片付けましょう。


インコのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
インコ用品説明と紹介
インコの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top