menu

インコの飼育法-初心者の飼い方

どの子にする?セキセイインコの種類と特徴

セキセイインコの種類と特徴

あなたは何色のインコを飼いたいですか?
インコにはたくさんの種類が存在し、カラーバリエーションもとても豊富です。

今回は、インコの中でも一番ポピュラーな『セキセイインコ』の種類と特徴を紹介します。

セキセイインコの特徴

カラフルできれいな羽が自慢のセキセイインコ。

瞳は真っ黒で、品種によっては赤みがかっている場合もあります。

鼻はおもにピンクで、「ろう膜」と呼ばれる羽のない部分でオスかメスかを見分けます。
オスはろう膜が青くメスは薄茶色をしています

クチバシは黄色く、先端がカギのように下向きに曲がっているのが特徴。
足はピンクで、前と後ろに2本ずつ、合わせて4本の指がついています。

羽の色や模様によりいろいろな種類が

セキセイインコはその羽の色や模様などで種類が分けられます。

まず、野生のセキセイインコに近い色の「ノーマル」。黄色と緑のグリーン系のタイプ、青と白の羽のブルー系のタイプなどがいます。

オパーリン」は宝石のオパールに由来する品種。背中の黒い斑点がちょうど「V」の字の形に抜けているのが特徴。
斑点の模様も大きめです。ブルー系とグリーン系、紫系などがいます。

同じオパーリンの中に「オパーリンセルフ」という種類があります。
羽の色が単色で、背中の斑点が薄くなっていたり、消えていたりするタイプです。

ハルクイン」は、背中の黒い斑点があまりない品種。お腹の色が背中側とは違うタイプのものが多いようです。

レインボー」は体全体がブルー系の単色で、頭だけ黄色くなった品種。体の色はブルー系とグリーン系がミックスされた感じの子もいます。

ルチノー」は黄色の単色、「アルビノ」は白の単色です。どちらも、羽に模様がなく、目がやや赤みがかっています。

ウイング」は、背中の翼が淡い色。逆に、お腹側はブルーやグリーンの鮮やかな色で、その対比が美しい品種です。

パイド」は、体全体がマーブル模様のようにまだら。また、頭や背中の色と胸やお腹の色が違うのが特徴です。

そして、「スパングル」は羽がスパンコールのような模様になっているの品種です。

巻き毛の品種も美しい

巻毛セキセイ」と呼ばれる、羽に特徴のあるユニークな品種もあります。
頭部の羽が直立していたり、丸く広がっていたり、背中に巻き毛があったりと、いくつかのタイプに分かれます。

頭がぽわぽわっとしたタイプを「梵天」、背中や翼が広がった感じのタイプを「羽衣」と呼びます。

そして、頭にも翼にも巻き毛があるのが「梵天羽衣」。巻毛セキセイは芸術的な様から、「芸ものセキセイインコ」と呼ばれることもあります。

ほかに、頭のてっぺんに黄色や白い斑点のある「天星セキセイ」、尾や羽が白や黄色になった「鹿の子セキセイ」などもおもしろい品種です。


インコのお世話と掃除が楽チン!サッと除菌&消臭
インコ用品説明と紹介
インコの臭い対策!消臭剤だけではダメな理由!


関連記事

Top